格安航空券の予約をキャンセルする時の注意点!返金や気になるポイントを紹介!

格安航空券は安くてすぐにでも手を出したくなってしまいますが、予約前に知っておくべき注意点というのはもちろんあります。その注意点と、どうしてもキャンセルしなくてはいけなくなった際には、どのように対処すればよいのかを知りましょう。

格安航空券を予約する際の注意点とキャンセル方法は?

格安航空券を購入されたことがある方は多いかと思いますが、普通にそれを使う分には問題はありせん。ですが、予約時に格安航空券の注意点を覚えておいた方がためになりますし、キャンセルの仕方などもここで知っておきましょう。

格安航空券を予約する際の注意点とは

格安航空券は、安く旅行ができるメリットのある消費です。ですが、これを予約する際の注意点というのも把握しておかないと、安く抑えられた費用も損をすることになるかもしれないので気を付けてください。

どんなことにも言えることですが、格安航空券を予約する際も、その航空券の条件について把握しておきましょう。多くの場合、格安航空券は変更やキャンセルがきかないので、必ず旅行の日付をフィックスさせることはマストです。

こうすることで、購入した航空券を無駄なく使うことができます。そして、何か遭った際に、格安航空券を持っている人よりも、大手航空会社から割引運賃であれ、普通運賃であれ、航空券を購入した人の方が優先されます。

これは、エコノミークラスの中でもクラスが分かれていて、条件が異なるためです。特に繁忙期にはオーバーブックしやすいですし、台風の時期に沖縄旅行に行って便を変更したいという場合、格安航空券を予約した人はあまり優先されないということを知っておきましょう。

格安航空券をキャンセルしたい場合はどうすればいいの

先述したように、基本的に格安航空券は、キャンセルのきかない航空券であることが多いです。キャンセルがきくとしても、必ず出発日の前に連絡をしなければいけません。

その場合どうするかというと、あなたがその航空券を予約した旅行会社や旅行サイトに連絡します(電話がスムーズですが、旅行サイトの場合はかなりつながりにくくなります)。

キャンセルしたい旨を伝え、あちらから聞かれたことに答えればすぐにキャンセル手続きは完了です。基本的に必要なものは、予約番号、それと返金するための口座番号(クレジットカードの場合は、システム上登録されているので、そこに返金されることが多いです。

本人確認のため、改めてクレジットカードの番号を尋ねられることもあります)を用意しておきましょう。大体3営業日から1週間もすれば指定の口座に返金されていますが、同時に、キャンセル料が発生する場合があります。

その際には、この金額を返金額から差し引いた金額と銀の振込手数料がかかった際には、それも差し引かれてあなたの手元にその金額戻ってきます。

飛行機をキャンセルする時の注意点と種類

飛行機は航空チケットを事前に予約して購入して利用するものですが、時と場合によってはどうしても予約をキャンセルしなければならない時もあります。
予定の変更や体調不良もその中の理由の1つです。

こうして航空チケットの予約をキャンセルしなければならない時はどうしたら良いのでしょうか。
また、キャンセルと言う言葉の意味は他にはどのような意味があるのでしょうか。

飛行機でキャンセルと言う意味は2種類ある?

飛行機に乗る時には、通常航空券を予約して購入し、そして実際に予約購入した便に乗りますが、それを何らかの理由で乗れなくなった時に一般的にはチケットをキャンセルすると言います。

しかし飛行機でキャンセルと言うにはもう1つ意味があります。
それは、航空会社による欠航です。
例えば台風や大雪などの天候不良で、飛行機が飛べない状態の時に、今日のフライトはキャンセルと言うような使い方をします。

どちらの場合も飛行機には乗れないと言う意味では共通していますが、個人の都合の場合と飛行機の都合で使い方が若干異なります。


個人の都合で航空チケットをキャンセルする場合

格安航空券の場合でも、普通運賃の場合でも、急な予定変更や体調不良などでどうしても搭乗出来ない事があります。
こうした場合には航空チケットをキャンセルしなければなりませんが、キャンセルの手続きにはキャンセル料金が発生します。

飛行機に乗れない事がわかった、決定した、と言う時には、搭乗予定だった飛行機の出発時間の前にキャンセルの連絡をする事が基本です。
これは、航空会社に迷惑をかけると言う意味もありますが、飛行機の出発時刻の前と後ではキャンセル料金に違いが出てくるからです。

特に出発後ではキャンセルしても戻って来るお金が全くないか、かなりの少額になる事があります。
これは、空港まで移動する際のバスなどが遅れてしまった場合でも、同じ措置が取られるので、予約した便に間に合いそうにないと判断したら、出来るだけ出発時刻の前に連絡する事が必要です。

飛行機のキャンセルは2種類、手続きも2種類?

飛行機のキャンセルには2種類ある事は前述した通りです。
どちらの場合も飛行機には乗りませんので、キャンセルの手続きをする必要があります。

この時に、同じ手続きで良いのかどうかと言うと、違う手続きを取る必要があります。
航空チケットは購入する時に、予約する場合と、購入すると言う2つのステップがあります。

キャンセルする場合も、予約を取り消しする事と、航空チケットを払い戻すと言う2種類が発生します。
お金を支払ってしまったのか、予約だけなのかによって手続き上は違いがあると言えます。

しかし、実際の手続きは、一体した形で行われる事がほとんどです。
航空チケットの取り消しも払い戻しも既にお金を支払ってしまっているかどうかの違いだけなので、キャンセルと言うひと言で片付ける事もあります。

キャンセル料金はどんな種類があるのでしょうか

格安航空券を含む航空チケットを実際にキャンセルする時には、取り消し手数料と払い戻し手数料の2種類の手数料が発生します。

これは航空チケットの種類によって違いが出てくるものですが、例えば、取り消し手数料の場合は、早割などの割引運賃を利用した航空チケットだと、取り消し手数料が数千円かかる可能性があります。
普通運賃なら無料です。

払い戻し手数料は、航空チケットの全てにかかる手数料で、どんな航空チケットの種類でも必要になります。
金額は航空会社ごとで定められていて、ほとんどが一律料金です。

こうした事から、キャンセル料金と言うのは、購入金額から、取り消し手数料と払い戻し手数料の合計金額を差し引いた金額が返金される仕組みになります。

つまり、取り消し手数料と払い戻し手数料の合計金額がキャンセル料金になると考えると良いでしょう。
お得にするためにネットで情報を調べておきましょう。

飛行機をキャンセルする時には2種類あるのまとめ

飛行機を乗るために航空チケットを予約して購入するけれども、キャンセルする時には自分の都合でキャンセルをする場合と、天候不良などによって飛行機自体が飛ばない事からフライトがキャンセルになると言う意味の2種類があります。

どちらの場合も、その飛行機の便には乗らない事は共通していますが、個人でキャンセルする場合には、的確なキャンセルの手続きをしなければ、マナー違反になる事はもちろん、キャンセル料金を支払う事になります。