ピーチで搭乗前に必要な手続きってどんなの?

航空機に搭乗するにあたって必要となる手続きですが、ピーチの場合どんな手続きが必要となるのでしょうか。ピーチを始めLCCは非常に遅刻に厳しいので、手続きに手間取らないよう気をつけたいところです。そこで、必要な手続きについて紹介します。

国内線に搭乗する前の手続きについて

もし当日予約をするとしても、出発60分前には全て完了しておきましょう。全てとは、航空券購入に至るまで全てのステップを指します。また、予約確認書が必要となるため、用意できない場合でも予約番号を控えておきましょう。

その後自動チェックイン機にバーコードあるいは予約番号を登録することで第1段階は完了です。その後手荷物の受託へと移行しますが、預ける手荷物がない場合はそのまま次のステップへ移行します。

注意したい点として、ピーチでは手荷物の受託は有料となっているので注意しましょう。その後保安検査場を通過して完了となりますが、関西国際空港と那覇空港では出発20分前、その他空港では25分前となっています。時間を間違えないよう再確認しておきましょう。

国際線の搭乗前に必要な手続きとは

国際線では、予約確認書に加えてパスポートや査証なども必要となります。その後自動チェックイン機に移行しますが、この自動チェックイン機があるのは日本発のみとなります。

海外発の場合はカウンターでの作業となります。いずれにせよ、出発1時間前には少なくともこの自動チェックインを済ませておきたいところです。その後は国内線と同様に、手荷物の受託へと移行します。

もし預ける手荷物がある場合には50分前に済ませなければならないため忘れずに済ませましょう。仮に混雑している場合は余計に時間がかかってしまい、作業を終えられない可能性があります。ある程度余裕を持って手続きを完了するよう心がけることが、国際線ではより一層重要になるでしょう。

国内外を旅するために忘れずに手続きを

一番やってはいけないこととして、時間ギリギリになって手続きを完了させようとすることが挙げられます。時間に厳しいLCCでは手続きの遅れは許されないので、予めこれら手順を頭に入れてから手続きを完了させるとよいでしょう。

ピーチ 予約

関連記事:

格安航空券 予約 キャンセルTOP