谷瀬の吊り橋はスリル満点

- 谷瀬の吊り橋はスリル満点

谷瀬の吊り橋はスリル満点

奈良県十津川村にある観光スポット、谷瀬の吊り橋は1954年(昭和29年)に完成した古い吊り橋です。
十津川に架かる上野地地区と向こう側の谷瀬地区を結ぶ大きな吊橋となっているのですが、距離はそんなにありません。
しかし、わたるのには時間がかかります。
地元の人はスイスイ渡っていくんですが、観光の人は怖がる方が多いんです。
ゆらゆらとうねりながら揺れるので、慎重に歩くことになるため結構怖いです。
おもしろ半分で揺らしたりする人もいると思うんですが、監視員がいるので揺らすと注意されます。
高所恐怖症の方には無理かもしれないですが、まずは挑戦してみるといいでしょう。

ワイヤーで吊られた橋の真ん中に板が敷かれているという感じの作りで、人とすれ違えるぐらいの幅です。
結構古いので、渡りながら壊れないだろうか・・と心配になります。
スリルを味わうのが好きな人にオススメです!!
人によっては最初は怖かったけど帰りに渡る時は平気だったという感じらしいので、楽しんでみてください^^

かなり広い河原があるのですが、水の量はかなり少ないです。
明治時代に起きた大水害の名残だそうですが、その時にたくさんの集落が流されてしまったとのことです。
そして生き残った人たちは北海道に新天地を求めて移住したのですが、激減した集落に住む人々が集まって再度、集落を完成させることができて新しい暮らしが始まったのです。

橋の上で和太鼓をたたく揺れ太鼓という伝統的な行事もあり、お祭りも楽しめるのでその時期に合わせて観光するのもオススメです。
普段はとても静かで心を落ち着かせることができる場所ですが、熱気があふれる行事は谷瀬の吊り橋の見どころだと思います。
どこかへ行くついでに立ち寄るという方も多いので、まずは足を運んでみてください。
奈良)谷瀬のつり橋で結婚式 移住の2人、集落で祝う

関連記事: