実際に航空チケットをキャンセルする方法と返金方法

- 実際に航空チケットをキャンセルする方法と返金方法

実際に航空チケットをキャンセルする方法と返金方法

格安航空券を利用する場合でも格安航空券では無い普通運賃の航空チケットを利用する場合でも、飛行機に乗らないと決めたらキャンセルする必要があります。
そのキャンセルの方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

飛行機をキャンセルする方法3種類

飛行機のチケットをキャンセルする時には3つの方法があります。

  • インターネット
  • 電話
  • 窓口

の3つです。
1番簡単で手軽な方法は電話で、航空会社の予約センターへ電話をかけて、キャンセルをしたい便、予約番号、搭乗者の氏名などを伝える事で手続きが完了します。

インターネットでのキャンセルは、予約していた航空会社のホームページの予約の確認や、変更、取り消しのページにアクセスします。
そして自分の予約内容を表示させて、その画面の中にある取り消しのリンクを辿っていくとキャンセルの手続きが出来るようになっています。

窓口では自分の予約の控えなどを持って窓口の担当者にキャンセルの意思を伝えて、手続きをして貰います。
この時に、予約情報の控えがないと若干時間がかかりますので、これは忘れないようにします。


キャンセルした場合はお金は戻ってくるのでしょうか

飛行機の航空チケットをキャンセルした場合は、基本的にはお金は戻ってきます。
しかし、いつも現金で返って来るとは限りません。
原則としては支払った方法で返金されると言う事になっています。

例えばクレジットカードで支払ったら、クレジットカード経由で返金されると言う事です。
具体的にはクレジットカードの引き落とし日に、返金分が相殺される仕組みになっています。
例外的に、返金額が高額の時には、クレジットカード会社が引き落とし口座に振り込みをする事があります。

キャンセルについてのまとめ

キャンセルの方法は主に3種類あり、それについては基本的に返金されます。
原則としては支払った方法で返金されますが、航空会社によっては若干異なる事があるので注意が必要になります。

  ← 前の記事: