航空チケットをキャンセルする場合

- 航空チケットをキャンセルする場合

航空チケットをキャンセルする場合

飛行機を格安航空券で乗る時も、格安航空券以外の航空チケットで乗る時も、何らかの理由で飛行機に乗らないと決断する時があります。
飛行機に乗らないと決めたら、その航空チケットの便はキャンセルをしなければなりません。

飛行機をキャンセルする時にはいつ頃までキャンセルをしなければならないのでしょうか。

出発時刻前にキャンセルする事が鉄則

飛行機に乗らないと決断した時には、なるべく早めのキャンセルが必要になります。
これは、キャンセル待ちをしている人のためでもありますし、キャンセルする自分にとってもキャンセル料金に違いが出てくるためです。

出発時刻をめどに、実はキャンセル料金は大きく変化するのです。
航空チケットをいくらで購入したかにもよりますが、出発時刻の前にキャンセルをするのと、出発時刻の後でキャンセルをするのでは、戻って来る金額が少なくなるか、全く無いかの違いがあります。

せっかくこの便だと思って予約をして購入した航空チケットでも、どうしてもやむを得ない事情でキャンセルする事があります。
例えば、空港に向かうバスが交通渋滞や何らかの事故などで遅れてしまった場合などはどうしようもありません。

こうした場合でも出発時刻の前にキャンセルを申し入れる事でもしかしたら返金金額が発生する可能性があります。


キャンセルする時にはどうやって連絡するの?

航空チケットをキャンセルする時には、基本的に電話などで連絡する事が一般的です。
予約センターに直接電話を入れるとスムーズで、理由を話してキャンセルすると言う意思を伝えます。

その後は予約センターの指示に従って手続きをするだけで良いので、難しい事はありません。
飛行機のスムーズな運航のためにも、どうしてもキャンセルしなければならない時には出発時刻の前に事前連絡を入れると言う事を必ずするようにします。

大抵の場合はインターネットからのキャンセルは間に合わない可能性があるので、出来るだけ電話連絡がおすすめです。

  ← 前の記事: