キャンセルの手続きは2種類が同時進行します

- キャンセルの手続きは2種類が同時進行します

キャンセルの手続きは2種類が同時進行します

格安航空券で飛行機に乗ろうとしている時も、格安航空券以外の航空チケットを利用する時も、飛行機に乗る事をキャンセルしなければならない事は比較的珍しい事ではありません。
どうしてもキャンセルしなければならない時は、キャンセルの手続きが必要になりますが、その手続きはどのようなものがあるのでしょうか。

取り消しと払い戻しがある

飛行機に乗る事をキャンセルする時には、取り消しと払い戻しの手続きが必要になります。
取り消しは、飛行機の航空チケットの予約自体を取り消す事を意味していて、払い戻しはチケット代金を返してもらうと言う意味があります。

通常航空チケットを手配する時には、航空チケットを予約する事と、購入すると言う2つのステップがあります。
同じようにキャンセルする場合も、予約を取り消すと言う事と、航空券を払い戻すと言う2つのステップがあると考えると良いです。

航空チケットをキャンセルする時にはこれらの2つのステップが同時進行する事が一般的で、空港で手続きをする場合でも、電話でキャンセルを申し入れる場合でもこの手続きが行われます。


キャンセルする時には必ず出発時刻の前に連絡を入れる

飛行機は完全予約制な事が一般的です。
キャンセルをしないで放置しておいた場合には、最悪の場合、飛行機の中でまだ搭乗していないお客さんがいると言う事で、大騒ぎになる他、出発時刻を遅らせる原因になりかねません。

そうなれば多くの乗客に迷惑をかける事になりますので、必ずキャンセルは出発時刻の前に申し入れるようにしなければなりません。

飛行機の航空チケットのキャンセルのまとめ

航空チケットの種類に関わらず、飛行機に乗る事をキャンセルする場合は、予約の取り消しと、払い戻しの2つの手続きが必要になります。
しかしこの手続きは一般的には同時進行しますので、面倒な事はほとんどありません。

また、キャンセルの申し出は出発時刻の前に行うのがマナーです。

  ← 前の記事: